交流保育への取り組み

錦華幼稚園では佐賀県立ろう学校幼稚部との交流保育をしています。

相互に訪問しあい、一緒に遊んで楽しく過ごします。音楽リズム発表会には幼稚部のお友だちにも出演していただいています。

交流保育は35年ほど続いています。幼稚園の日常の保育の中でも簡単な手話での挨拶をしてみたり、指文字で自分の名前を覚えたりしています。

 10月17日は、つぼみ組ともも組が佐賀県立ろう学校幼稚部との交流保育でした。つぼみ組は小さな黄色の園バス、もも組は大きな白の園バスに乗ってお出かけをしてきました。お弁当を持ってまるで遠足のような気分でドキドキよりもワクワクな表情の子どもたちでした。ろう学校の年少組のお友だち(1名)も出席していて、まずはみんなで朝のご挨拶。朝の会での手話クイズは〝お天気〟でした。『晴れ』や『雨』などを教えてもらいましたよ(๑′ᴗ‵๑)それから早速、自由遊び。ちょっぴり雨が心配でしたがなんとか降られずに外遊びを楽しむことができました。お出かけしても虫捕りが大好きな錦華っ子たち。ろう学校のバッタは大きかったね!シーソーやジャングルジム、乗り物など錦華幼稚園には無い遊具に元気にチャレンジする姿がたくさん見られました。お部屋の中でもままごとや年長組さんの部屋でお店屋さんごっこに夢中になっていましたよ。お弁当を食べてからもお部屋の中でひとしきりままごと遊び。いろんな野菜や果物のオモチャでレストランごっこやクッキングごっこをして先生たちにご馳走をふるまってくれていましたლ(´ڡ`ლ) 。とっても楽しいお出かけになった交流保育でした!